0歳 1歳 ネントレ ベビー・キッズ

【体験談】スワドルアップはいつまで使える?卒業方法のコツと時期

スワドルアップSTAGE2卒業

スポンサーリンク

赤ちゃんがぐっすり寝てくれるという噂の【スワドルアップ】ですが、実際にわが家の双子には効果絶大!

スワドルアップを使えば寝てくれるので、とても助かる反面、「止めるタイミングはどうする?」という悩ましい問題もでてきます。

かめ妻
止めたとたん寝てくれなくなると困るわね

というわけで、今回は、生後3週間からスワドルアップを使い始めた双子の「スワドルアップ卒業方法のコツとタイミング」などを紹介します。

スワドルアップを買おうか迷っている、現在愛用している、卒業できなくて困っているというご家庭は、是非参考にしてくださいね。

 

スワドルアップはいつまで使える?使う?

  • STAGE1:新生児~寝返りを始めるまで
  • STAGE2:寝返り後~おくるみ卒業まで
  • STAGE3:24~24ヵ月

ネット上では、色々な情報が交錯していますが、そもそもスワドルアップはいつまで使えるかという疑問については、メーカーが上記のように提示しています。

メーカーは安全性・機能性に配慮しているので、表示の範囲内であれば、基本的には安全と考えて良さそう。

  • いつまで使えるかは、STAGE1は寝返りまで、STAGE2以降は大きさの限界がきたとき。
  • いつまで使うかは、使える範囲内で、赤ちゃんの様子を見て大人が判断ということになりますね。

ネット上では「STAGE2は6~8か月ごろには卒業」という内容もいくつか見ましたが、メーカー側はSTAGE2はスリーパーとしてサイズアウトまで利用できるとうたっているので、こちらはマストではありません。

スワドルアップSTAGE2の使い方

(画像出典:LOVE TREE公式サイトより引用)

守らなければならない部分は、【STAGE1の終了時期で、寝返りをするようになったら使用をやめるという点】、【STAGE1~3ともに適切サイズの選択とサイズアウト】の2点です。

急いで卒業する必要はないんだね
長男

 

スワドルアップの卒業方法

  1. STAGE2へ移行
  2. 片方の袖を外す
  3. もう片方の袖を外す
  4. おくるみやスリーパーへ移行

わが家で行っていたスワドルアップ卒業方法とちょっとした【コツ】について紹介します。

 

❶STAGE2へ移行

寝返りを始めたと同時にスワドルアップSTAGE1を卒業といきたいところですが、おそらく失敗します。

理由は、いきなり今までと違い過ぎるねんねの環境に赤ちゃんが順応しきれないから。

スワドルアップに限らず、赤ちゃんグッズというのは、様子を見ながら段階的に卒業する方がスムーズなので、可能な限りSTAGE2へ移行することをおすすめします。

かめ妻
中にはいきなり卒業成功の強者赤ちゃんもいるかもしれないけれど、それは例外ね

STAGE2の購入を迷っている場合は、STEP❹へ進んでみてください。失敗してから購入しても遅くはありませんね。

ぼくたちは寝返り後にSTAGE2へステップアップしたよ
双子

かめ妻
まだまだ睡眠は不安定な時期だから、迷わず購入したわ!

 

❷片方の袖を外す【コツあり】

まずは、片方の袖を外してみましょう。

どちらを外すか迷うところですが、袖をしゃぶるクセのある赤ちゃんなら、どちらかというとしゃぶらない方を外してあげる方がいいように思います。

布をしゃぶることで落ち着く赤ちゃんは多いものね
かめ妻

もし、袖を完全に外してしまうと泣いたり、寝つきが悪くなる場合には、少しだけジッパーを開けて、袖の動きを徐々に開放するようにしてあげるのがおすすめ。

双子の一人はすぐに外れたのですが、もう一人がうまくいかず、このように徐々に手の自由な範囲を広げることで上手くいきました!

双子
前より動かせるけど、覆われているから安心するね

 

❸もう片方の袖を外す

もう片方も、❷でやった方法と同様に進めていきましょう。

徐々にジッパーを開けた子は、こちらも同様に徐々に外していってあげるといいかなと思います。

既に片方は成功しているので、こちらはそこまで苦戦を強いられない可能性が高いです。

 

❹おくるみやスリーパーへ移行

最終的におくるみを卒業するわけですが、それでも子供たちは布団にうまく入っていられませんので、代わりになるスリーパーは必須です。

いきなりスリーパーが不安な場合は、おくるみで適度なタイト感をキープしつつ、スリーパーに移行していくのがよいですね。

後ほど詳しく紹介しますが、わが家の双子は1歳までSTAGE2を使っていたので、卒業は特に困ることはありませんでした。

 

スワドルアップSTAGE2の卒業タイミングと限界

  • タイミング:赤ちゃんによる
  • 限界:1歳半ごろまで

卒業のタイミング

まず、卒業のタイミングは、当たり前ですが、赤ちゃんによります。

育児でよく聞く「個人差」というやつね
かめ妻

いきなりSTAGE1で卒業できる子もいるし、STAGE2もすんなり卒業できる子もいれば、足踏みする子もいます。

というわけで、「卒業の方法」でお伝えした通り、赤ちゃんの様子を見ながら徐々にムリなくやっていくのがベストです。

 

スワドルアップの限界

とはいえ、大きさには限りがあるので、限界というものは存在します。

長男
STAGE2について詳しく解説するね

STAGE2の最大身長と体重の目安は、M:68cm・6~8.5kg、L:76cm・8.5~11kgなので、これ以上の大きさであればサイズアウトとなり、赤ちゃんにはよくありません。

現在の成長曲線は、1歳0ヵ月の男の子で身長70.3〜79.6cm、体重7.68〜11.04kg程度、女の子で身長68.3〜73.4cm、体重7.16〜10.48kgとなっており、スリムなお子さんでもだいたい1歳7,8か月ごろには身長のサイズアウトがやってきそうな感じでした。

曲線通りに成長していれば1歳半までにはサイズアウトしそうだね
双子

 

双子のスワドルアップ卒業は1歳3か月

さきほどは一般論的なお話でしたが、双子についてはどうだったか、もう少し詳しくお話します。

今回、記事を書くにあたって参考に拝見した他サイトでは、「6~8か月」を卒業タイミングにしていることが多かったのですが、わが家の双子は【1歳3か月】まで使用していました。

1歳でスワドルアップSTAGE2卒業

長男
みんなより長く使っているね。何でかな?

なぜかと言うと、スワドルは足元まで覆ってくれるので、冷え防止のため真冬に着せておくのにちょうど良かったからです。

パジャマ+スワドルアップ+スリーパーで寝かせていたの
かめ妻

ここまで卒業しなかったのは、子供たちの体調を考慮した結果で、そろそろ寒さも和らいできたのでついに卒業することに決定。

その間、双子は着るのも脱ぐのも嫌がらなかったこと(どっちでも良さそうだった)、最も薄いバンブーライトは伸縮性が良く、そこまで動く際の邪魔にならなかったことも、今まで使用していた理由としてあります。

双子
バンブーライトはとっても動きやすいよ
この子たちに関しては、サイズアウトまで着せ続けることも余裕で可能だったと思うわ
かめ妻

他の生地はもっと厚みがあり、しっかりしているので、卒業時期に薄手で伸縮性の高いバンブーライトの使用時期が重なったのはラッキーだったかもしれません。

ちなみに、他の方の卒業の理由に関しては、赤ちゃんが卒業するのを自然と待つというよりは、背中スイッチやモロー反射がなくなり、動きが活発になる時期だから卒業してもらうという場合がほとんどのようですね。

 

まとめ

  • スワドルアップSTAGE2は1歳ごろまでに卒業すればOK
  • 赤ちゃんの様子を見ながら段階的に卒業
  • 卒業後はおくるみやスリーパーへ移行

いかがだったでしょうか。

今回は、スワドルアップの卒業時期や卒業方法とそのコツなどについて、わが家の双子を例に紹介しました。

メーカー推奨の時期や使用方法を守っていれば、基本的に安全な設計になっているので、急がず赤ちゃんの様子を見ながら卒業していくのが良いと私は感じます。

それ以外は〇〇でなければならない!というのはないので、赤ちゃんやパパママの負担が少なくなるようにじっくりゆっくりやっていきましょう。

それでは、また次回の記事でお会いしましょう!

 

おすすめの関連記事

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かめ妻

40歳。2y+0y双子の3兄弟ワーママ。 妊娠出産・育児とお金に関する体験談を情報発信をするブログ。36歳で交際期間2か月のスピード婚|37歳で長男、39歳で一卵性の双子男児を出産|2歳差育児と双子育児|積立投資で教育&老後資金をコツコツ形成中|日本語・フランス語のバイリンガル教育 【あなたとの共通点や興味のあるキーワードはありますか?】私の経験がどなたかのお役に立てれば幸いです。Merci♡

-0歳, 1歳, ネントレ, ベビー・キッズ

© 2022 かめ太郎の妻になりました。