切迫早産 双子妊娠・出産 妊娠・出産

【切迫早産ブログ】2週間以上のMFICU入院費用は?生活の体験談も

mficu

スポンサーリンク

人生2回目の妊娠は、何ともびっくり双子妊娠でした。

一般的に双子のような多胎妊娠は、単胎妊娠と比較してハイリスクと言われていますが、私も結果的にMFICUというところへ入院する事態に…。

というわけで、今回は、ハイリスクと言われている双子妊娠をした私が、【MFICU】に2週間以上入院した時の入院生活や費用について紹介します。

MFICUについては、まだまだ情報量が少ないと思いますので、どなたかのご参考になれば幸いです!

 

MFICUとは?

  • Maternal Fetal Intensive Care Unit

MFICUとは、上記英語の頭文字をとった略語。日本語では、母体胎児集中治療室といいます。

意味としては、ママとお腹の中の赤ちゃんのための集中治療室で、妊娠から出産までのリスクが高い妊産褥婦さんが入院し、24時間体制で治療をする施設。

ハイリスクの妊産褥婦さんとは、例えば、重症妊娠高血圧症、糖尿病合併妊娠、前置胎盤、双胎妊娠、切迫早産、胎児異常などが該当するようですね。

かめ妻
私は双子妊娠&切迫早産が理由よ

治療やサポートにあたるスタッフ数も通常の一般病棟より多いのも特徴です。

確かに、夜中でも医師やたくさんの助産師資格を持った看護師さんが常駐していたね。
双子

 

MFICUの入院医療費

基本的に、通常の入院と同じく、医療保険の3割負担や高額療養費制度の対象となります。

ただし、母体胎児集中治療室管理料といわれる料金が最大14日間まで加算され、1日当たりの入院費用は約8万円と超高額!

そのままにしておくと、窓口精算時に自己負担分を一旦全額支払う必要があるので、高額療養費制度が活用できるように加入先の健康保険組合に連絡しておきましょう。

MFICUへの入院は、場合によっては14日以上入院することもありますし、14日以上となると一般病棟に移されることもあります。

Memo:
加算システムについては、月をまたぐと翌月も14日間加算されるケースもありますので、詳細は入院先のスタッフにお問い合わせください。

 

私のMFICU入院事情

  • 双胎妊娠
  • 切迫早産

私がMFICUに入院することになった経緯は、ハイリスクな双胎妊娠中に切迫早産になってしまったからです。

もともとは個人クリニックに通院していましたが、双胎妊娠がわかった時点で、個人クリニックでは分娩を受け入れてもらうことが難しく、紹介されるまま大学病院へ転院しました。

そして、MFICUはどこの病院にでもある施設ではないのですが、私はたまたま転院先の病院にこのMFICUがあっただけのラッキーです。

そもそも、私は、今回の入院直前までMFICUの存在を知らなかったのですが、ハイリスク妊婦となってしまった時、このような手厚い治療を受けることができたのは本当に不幸中の幸いでした。

かめ妻
ハイリスク妊婦さんは、MFICUがあるかどうかで病院探しをするのがいいかもしれないわね
設備が整っているから安心感が違うね
双子

 

私のMFICU入院生活

私は、日本TOP5に入る都市の大学病院に入院しました。

医療機関により施設の内容は異なると思いますが、ご参考までのご紹介していきます。

 

MFICUの病室

  • 病床6
  • 完全個室

常備されているものは、リクライニングベッド、テレビ、冷蔵庫、キャスター収納1台、NST1台、洗面台です。

シャワー・トイレはMFICU占有フロアの廊下に共有のものが1つずつありました。

ただし、6室のうち2室のみ、個室内にトイレもあるお部屋がありました。

Memo:
病院によっては半個室だったり、大部屋とあまり変わらないレイアウトだったり、完全個室ではない場合もあるようです。

 

MFICU入院生活の1日

時間内容備考
06:00起床
07:00検温、採血、配茶採血は週1回+スポット
08:00朝食
09:00NST、回診
10:00清掃週1回シーツ交換
12:00昼食、配茶
14:00検温、点滴交換
16:00配茶週1回主治医エコー
18:00夕食
20:00検温
22:00消灯

 

治療

  • 一般病棟の切迫早産と同様の治療

私の入院した医療機関では、MFICUと一般病棟で治療の差はなく、入院になるとまず2週間MFICUに入院することになっているのだそう。

その後は、病状などにより引き続きMFICU入院となるか、一般病棟に移動することになります。

私はMFICUに22日間入院後、一般病棟に移動しましたが、ほとんどの方が2週間以内に一般病棟に移動するか出産されているようでした。

治療の詳細については、長くなるので、別途記事化予定です。

 

食事

  • 1日3食の病院食
  • 自己負担460円/食

栄養バランスの計算された病院食が提供されます。

私の入院先では、2種類のメニューから選ぶことが出来て、これがちょっとした楽しみでした。

また、妊娠高血圧や妊娠糖尿病ではなかったので、食事制限はなく、お菓子やジュース、何でも食べることが出来ました。

Memo:
欠食申請も可能で、体調が悪い時は無理に食べなくてもよいし、家族に差し入れをしてもらったり、院内のコンビニで購入してもOKだったため、飲食の自由度は高めでした。

ちなみに、病院の規定に沿い、事前に欠食した費用は請求されませんでした。

 

シャワー

  • ドクターストップがなければ毎日OK

毎朝の検温の時に、10:00~16:00で入りたい時間帯をヒアリングされ、MFICUの共有シャワーを使用できました。

基本的に毎日シャワーが可能で、お腹が10分未満の感覚で張っているなど、よほどのことがない限りはドクターストップはありませんでした。

点滴の針を刺している部分をラップでぐるぐる巻きにされ、点滴につながれたままシャワーを浴びていました。

Memo:
長男妊娠時に切迫早産で入院した個人クリニックでは、シャワーは点滴の針を差し替えするタイミングで、4,5日おきでした。
シャワーについては、医療機関によって、頻度や点滴のつけ外しの点が異なりそうですね。

 

今回の入院医療費

今回、1か月目:MFICUに5日間、2か月目:MFICU17日間+一般病棟13日間の入院にかかった医療費等を紹介します。

(実際は3か月目も一般病棟に20日間入院していますが、一般病棟のみの内容なので割愛します。)

保険負担割合:3割、高額療養費制度:区分ウを適用し、医療機関窓口で支払った費用です。

 

1か月目:88,556円

内訳は、総医療費82,116円、食事代6,440円です。

Memo:
1か月目の高額療養費制度適用前の総医療費は477,600円なので、やはりMFICUの一日あたりの入院費用は高額ですね。

単純に日割り計算して、一日95,520円です。

 

2か月目:236,908円

内訳は、総医療費93,808円、食事代39,100円、差額ベッド代104,000円です。

18日目から一般病棟に移動し、私が個室希望を出していたため、差額ベッド代が1日8,000円かかっています。大部屋であればかかりません。

食事は一部欠食しているので、全て病院食を提供されている場合より若干少ないです。

2か月目の高額療養費制度適用前の総医療費は1,637,810円でした。丸1か月入院するとかなりの金額になりますね。

Memo:
高額療養費制度を利用するには、事前にご自身が加入している健康保険組合などに限度額適用認定証を発行してもらい、医療機関に提出しておく必要があります。

入院が決まったら、速やかに申請しておくことをおすすめします。

あわせて読みたい

切迫早産で高額療養費制度を使って8,9,10,11月にまたがる入院をした際の明細をこちらの記事で公開中!

高額療養費制度で月をまたぐ場合の医療費
【明細あり】切迫早産で入院!高額療養費制度は月をまたぐと高くなる?

続きを見る

 

まとめ

  • MFICUの入院生活は管理レベルが高い
  • MFICUの入院医療費は原則保険適用
  • 高額療養費制度の限度額適用認定証を準備する

いかがだったでしょうか。

今回は、妊婦さんであってもまだまだ知られていないMFICUについてご紹介しました。

私も長く不安な入院生活を送りましたが、安静と万全の医療体制により正期産での双子出産が叶いました。

身体のことは医療スタッフのみなさんにお任せして、ママは赤ちゃんのためにもリラックスして過ごしてくださいね。

それでは、みなさまが無事出産されることを心から願っています!

掲載内容は2020年のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、必ずご自身でもお確かめください。

 

おすすめの関連記事

長男妊娠時に切迫早産で2か月半入院した際の費用、使った制度などについて紹介。

medical-expenses-hospitalization-expenses
【体験談】切迫早産で2か月半の長期入院|費用はいくら?保険やもらえるお金は?

続きを見る

切迫早産で入院中の過ごし方や便利グッズについて紹介しています。

threatened-premature-delivery-hospitalization
【体験談】切迫早産で長期入院!おすすめの過ごし方と便利グッズ5つ

続きを見る

切迫早産に関する記事をまとめ読み!
カテゴリー>切迫早産

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かめ妻

40歳。2y+0y双子の3兄弟ワーママ。 妊娠出産・育児とお金に関する体験談を情報発信をするブログ。36歳で交際期間2か月のスピード婚|37歳で長男、39歳で一卵性の双子男児を出産|2歳差育児と双子育児|積立投資で教育&老後資金をコツコツ形成中|日本語・フランス語のバイリンガル教育 【あなたとの共通点や興味のあるキーワードはありますか?】私の経験がどなたかのお役に立てれば幸いです。Merci♡

-切迫早産, 双子妊娠・出産, 妊娠・出産

© 2022 かめ太郎の妻になりました。