切迫早産

【体験談】切迫早産で個室しかない病院に入院!差額ベッド代は必要?

全室個室の病院で差額ベッド代は必要か

スポンサーリンク

切迫早産で入院した際の心配ごとと言えば、母子の健康の次に「お金」ではないでしょうか。

私は切迫早産で2回、それぞれ2か月以上の長期入院を経験していますが、やはりお金のことはいろいろと気がかりだったのを覚えています。

かめ妻
こういうケースっていくらかかるの?わからないし心配だわ…

というわけで、今回は、私が第一子妊娠中に、個室しかない個人クリニックに切迫早産入院した際の差額ベッド代(個室代)について紹介します。

私の入院した病院と同じでない場合、必ずしも同じ条件とは限りませんが、参考になれば嬉しいです。

 

個室しかない産婦人科で差額ベッド代は必要?

  • 病院による

いきなり話が終わってしまいそうですが、こちらは真実です。

差額ベッド代については、保険適応外の全額個人負担に該当するので、各病院にゆだねられているのが現状です。

当然、金額などに応じて、サービスやお部屋などの環境は大きく差が出てきます。

ママが入院した病院はどうだったの?
長男
かめ妻
具体的にお話していくわね

 

私が入院した個人クリニックの場合

  • 全室個室のみ
  • 差額ベッド代(個室代)の設定なし
  • 出産前の入院も同様

私が長男を出産したのは個人クリニックで、こちらは全室個室の病院。

インテリアやお部屋の間取りが若干違うものの大きな差はなく、もともと差額ベッド代は設定されていませんでした。

そのため、切迫早産の入院であっても通常の分娩時から産後の入院と同様に差額ベッド代が請求されなかったようです。

病院によっては、お部屋の広さや設備、サービスによって差額ベッド代が設定されている場合もあるわね。
かめ妻
長男
その場合は差額ベッド代が必要かもしれないね。

差額ベッド代は長期入院となるとかなりの高額になるので、「支払う必要があるのか、いくらになるのか?」を、入院になった時点で確認しましょう。

 

差額ベッド代が必要かどうかは入院先に確認しよう!

いかがだったでしょうか。

今回は、切迫早産で個室しかない病院に入院することになった私の体験談を紹介しました。

お金については、しっかりと調べることで、一つずつ不安を解消していくことができるので、わからない場合はわかる人に聞きましょう。

病院であれば、医療事務に聞くのが最短ルート。何にいくら必要か、入院したらすぐに確認しておきましょう。

みなさんが無事出産されることを心より願っています。

それでは、また次回の記事でお会いしましょう!

 

おすすめの関連記事

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かめ妻

40歳。2y+0y双子の3兄弟ワーママ。 妊娠出産・育児とお金に関する体験談を情報発信をするブログ。36歳で交際期間2か月のスピード婚|37歳で長男、39歳で一卵性の双子男児を出産|2歳差育児と双子育児|積立投資で教育&老後資金をコツコツ形成中|日本語・フランス語のバイリンガル教育 【あなたとの共通点や興味のあるキーワードはありますか?】私の経験がどなたかのお役に立てれば幸いです。Merci♡

-切迫早産
-, ,

© 2022 かめ妻ブログ