双子育児

【双子育児】2倍お金がかかるって本当?嘘です、2倍以上です!

双子育児はお金がかかるのか?

スポンサーリンク

双子育児はお金がかかる…本当にそうでした。

予想はしていましたが、2倍どころではない3倍とか?いやもっと???

双子育児がスタートして1年半。今、私が思うのは「双子だから単純に2倍ではなかった」ということ。

というわけで今回は、1歳半の双子育児と3歳長男の育児経験から、双子育児には何にどのくらいお金がかかるのかを今わかっている範囲で紹介します。

かめ妻
もう本当に多胎児家庭を救って欲しい!誰か助けて!!!
助けて~
双子

 

双子育児のお金がかかるシーン

  1. 完全母乳から完全ミルクへ移行
  2. お下がりが足りない・使えない
  3. 人手が足りない

私が実体験を通じて「予想外にお金がかかるな」と思ったのは、やはり双子ならではの内容。

年子でも、兄弟姉妹であれば、ここにかかる費用は確実に抑えることが出来たハズ!

 

❶完全母乳から完全ミルクへ移行

双子育児では、ママの母乳量が足りなかったり、ママだけでは授乳が厳しいなどの理由でミルクを利用することはあるあるです。

長男の時にほぼ母乳よりの混合だったのですが、この時にさえ「ミルクって高いな~」と思っていたのですが、、、

双子育児でミルク代のすさまじさに驚愕しました!

一番たくさん飲んでいた離乳食初期前からの数か月は、二人合わせて月に20,000~25,000円もの出費になっており、下手すれば大人の食費分じゃあ?という勢い。

わが家はアレルギーなどない子たちだったのですが、これが高額ミルクであればこの倍くらいになっていたので恐ろしいです。

「ああ、双子じゃなければミルク代はかからなかった(もっと抑えられた)のに」というママは多いはずです。

 

❷お下がりが足りない・使えない

お下がりは一人分。もう一人分は足りないので、買い足しが必須です。

例え上の子がいたとしても、双子ベビーカーなどはもちろんないので、新品を買うことになります。

反対に、双子の下に弟や妹が生まれたら、双子ベビーカーは使えないことも多いので、一人用のベビーカーを新調することになったり、とにかくベビー用品のお下がりが足りない・使えない問題が発生します。

また、1歳のお誕生日など、節目のお祝いの席のお洋服は、せめてお揃いにしたいなどもあります。

お洋服は水ものなので、お揃いにするには新しく買いそろえるしかありませんし、一人がお古で一人は新品だとどうしても可哀想な気持ちになってしまい、新品を買うこともしばしば。

双子でなければなかったであろう葛藤から、かからなかったであろうものにお金がかかっていきます。

「お揃いなんて本人たちは気にしていない、お古で十分」と言われそうですが、小さいときには単なる親の自己満足であったことでも、双子が成長するにつれて、新しいもの vs 古いもので二人がケンカになりそうで、親の自己満足とも言っていられなくなりそうです。

双子
少しでも費用を抑えるために無料プレゼントもおすすめだよ
料理代行でよいサポーターさんを見つける方法
失敗しない!料理の家事代行で質の高い優良サポーターを探す方法

続きを見る

 

❸人手が足りない

長男の時と違い、圧倒的に人手が足りなくなります。

第二子以降であればみなさん感じられることだと思いますが、残念ながら、これは「第二子以降だから」とかそういう問題ではなく、双子だからです。

例えば、一人だけ風邪を引いた時でも、二人を連れて病院までいかなければなりません。

一人は元気いっぱいで動きたい、一人はぐったり…でも大人はママ一人…

病院に行くまでも大変ですし、着いてからも大変ですし、帰ってきてからも大変です。

寝ている最中もお互いの泣き声や寝返りで起きるし、お風呂も目が離せないし、食事も二人同時に欲しがるし、散歩では二人が反対方向に動き出すし、双子育児はカオスで特にママはフラフラです!!!

かめ妻
私的にはカオス、他人から見るとコントね
聞いていると面白いけど、ママは笑い事じゃないね
長男

というわけで、カオス脱却のためにベビーシッターや家事代行、ファミサポなどを使うご家庭も多く、出費がかさみます。

わが家はと言うと、週1~2回のお料理お掃除に、家事代行を使いまくっています。

ファミサポは登録済ですが、隣の市に義父が住んでいるので、病気ケガなどの緊急事態はじいじにお願いしています。

身内を頼れない場合、有料サービスを使うしかないのよね
かめ妻
双子
ホットラインの充実も有難いけど、人手が欲しいのが多胎育児家庭の生の声じゃないかな~

2人目以降の育児では、どのご家庭のてんやわんやのハズ。

ですが、私の感触では、双子でなければおそらくここまでアウトソーシングや身内の手を借りることはなかったと思っています。

 

妊娠時にもお金がかかる双子たち

  1. 妊婦健診
  2. 管理入院を含む入院

育児ではありませんが、双子というのは妊娠時にもお金がかかります。

私も双子を妊娠するまで知らなかったんだけど、そうなのよ
かめ妻

 

❶妊婦健診

双子などの多胎妊娠では、通常の妊娠に比べて妊婦健診の頻度が多くなります。

私の場合は最低でも2週間に一回、経過や週数によってはそれ以上になることもあります。

しかし、配布される妊婦健診補助券は一人分…

一部の市町村では、双子分の補助券が配布される場合もあるそうですが、残念ながらそれは少数派のようです。

 

❷管理入院を含む入院

知らない方も多いと思いますが、双子妊娠はハイリスクです。

さまざまなリスクがあり、週数が進むと管理入院を必須としている病院があったり、切迫早産にも高確率でなりやすいため管理入院以外でも入院となる可能性が高いです。

そうなると入院や治療にかかる医療費が必要になったり、入院中のママの穴を補うシッターや家事代行などの費用が必要な場合もでてきます。

かめ妻
わが家も入院費にアウトソースと出費がかなり多くなったわよ

 

双子の教育関連費用はどうなる?

  • 時期が重なるだけ

よく言われる教育関連費用ですが、こちらは双子だからと言って費用が倍かかるわけではありません。

出費の時期が重なるだけで、必要な費用は子供の数に比例して、双子であろうが普通の兄弟であろうがかかるものはかかります。

困りごととしては、一時的な出費が二人分以上と一度に発生することで、かなりの高額になってしまい、家計への影響が大きいということでしょう。

私は、教育費用の一部をジュニアNISAによる運用で増やしたり、私の個人資産の運用で確保しようと考えています。

 

多胎育児は子どもの数以上にお金がかかる

  • 双子育児は2倍以上のお金がかかる
  • 双子は妊娠時からお金がかかる
  • 教育資金は倍ではないが早めの準備が必要

いかがだったでしょうか。

今回は、3歳児と1歳半の双子の三兄弟の子育て中の私が、彼らの子育てを通じて感じた双子育児のお金の話を紹介しました。

「下の子が双子でなければ、こんなにお金かからなかったのかな」と感じることも正直あります!

ただ、子供たちは本当に可愛くて愛おしくて大切であり、そんなことを考えてみてもどうしようもないのが現状。

多胎児育児の支援はまだわずかですが、少しずつ充実していくことを願って、私もブログを書き、発信し続けますね。

それでは、また次回の記事でお会いしましょう!

 

かめ妻おすすめの関連記事

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かめ妻

40代前半。1歳11か月差の長男+双子の3兄弟ママ。時短勤務会社員。 3兄弟育児のコツ・体験談・育児グッズレビューなど子育て中の方やワーママ向けに情報を発信。 37歳で長男、39歳で一卵性の双子男児を出産|日本語・フランス語・英語のマルチリンガル教育|シーナ式ネントレ|おうち知育|基本ポンコツなので、すべてゆるっとだらっとやっています。私の経験がどなたかのお役に立てれば幸いです。Merci♡

-双子育児
-