病気・ケガ

【体験談】熱性痙攣重積発作で緊急搬送された話②救急車内~ER到着

熱性けいれんで緊急搬送

スポンサーリンク

今回は、熱性痙攣重積発作を経験した三男のお話の第二話。

発熱から痙攣発作を起こし、救急車が出発したところまでの第一話はこちら。

熱性けいれんで緊急搬送
【体験談】熱性痙攣重積発作で緊急搬送された話①発熱~救急車出発

続きを見る

 

1病日目:2回目の発熱でまさかの事態に・続

「〇〇病院へ搬送します」

ようやくヒアリングが終わり、搬送先が決定。

夫が後から車で追いかけることになっていたので、震える手で夫に病院名をLINEしました。

 

三男はどうなっているの?大丈夫なの?

「まだ痙攣してるね」

救急隊の方が言います。

そんな…もう5分どころじゃない。ずっと痙攣しているってどいうことなの?

ストレッチャーに横たわり、確かに足がピンと伸びているのが見えるました。

これも痙攣状態ってことなのね。

私の席からは三男の表情がよく見えず、声をかけたり、足をなでることしかできませんでした。

お願い、早く治まって!

ただただ、そう祈る気持ちで、まだ小さな三男の足先に触れていましたが、泣くこともなく、身体が硬直状態で意識もないまま横たわっている三男は、とても大丈夫そうには見えませんでした。

 

モニターのアラームが不安を煽る

周りの景色が、私の知らないものにどんどん変わっていく。

ふと私のすぐ横にある後方の窓から外を見ても、夫の車らしきものは見当たらず、不安が募っていきました。

ここはどこなの?病院はまだ?いつ到着するの?

どこへ向かっているともわからない状況に、ますます途方にくれているその時、変化が起こりました。

三男に取りつけてられていたモニターのアラーム音が、ピッピッという音から急にピーーーーという音に変わったのです。

「〇〇ちゃん、〇〇ちゃん!!!」

私は三男が心停止をしてしまったのかと思い、思わず泣き崩れましたが、幸い違いました。

「お母さん、落ち着いて。大丈夫。この子は頑張ってくれていますよ。」

どうやら、小さい子のモニターは外れやすいこと・感知しづらいことがあるらしく、三男のオキシメーターがうまく測れず音が鳴ったもよう。

モニター画面には3つの数値が表示されていましたが、私にはその数値の意味も、数値が良いのか悪いのかもわからない。ただただオロオロとすることしかできませんでした。

夫の車は相変わらず見えず、三男の容態も良くなっている様子もない。モニターの音がときどき鳴っては、私を不安にする時間が続きました。

もうやだ、早く病院について…

 

ERに到着!

救急隊の方が突如、私に声を掛けます。

「お母さん、もうすぐ病院につきます。到着したら、ドアを開けるので、先に降りてください。そのあとに〇〇君をストレッチャーで降ろします。」

「はい!」

やっと病院に着くんだ。

救急車が病院に到着し、後方のドアが開けられました。

私は急いで救急車から降り、時計を見ると17:05くらい。通報から30分ほど経っていました。

もう30分も経ってる…大丈夫なの?

ERの入り口には病院スタッフが待っており、三男はたくさんのスタッフに囲まれながらすぐにストレッチャーで治療室に運ばれていきます。

どうにか助けて欲しい。病院に着いた安心感とまだまだある不安で、涙がどんどんあふれ出てきました。

「お母さん大丈夫?」

「私は大丈夫です。あの子を…助けてください…うぅぅぅ。」

嗚咽しながら言葉が言葉になっていなかったので、どう見ても平常心ではない状況。

でも私の体は何ともなくて、大変な状況にあるのは三男。

どうか助けて欲しい、助かって欲しい。そう思うとより一層涙が出てきて止まりません。

「お母さんはこちらへ」

離れたくない。

そんな気持ちではありましたが、こんなときにも記入が必要な書類などがあるようで、私はスタッフの一人に促され、三男とは別の場所へ移動することになりました。

 

続きます。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かめ妻

40代前半。1歳11か月差の長男+双子の3兄弟ママ。時短勤務会社員。 3兄弟育児のコツ・体験談・育児グッズレビューなど子育て中の方やワーママ向けに情報を発信。 37歳で長男、39歳で一卵性の双子男児を出産|日本語・フランス語・英語のマルチリンガル教育|シーナ式ネントレ|おうち知育|基本ポンコツなので、すべてゆるっとだらっとやっています。私の経験がどなたかのお役に立てれば幸いです。Merci♡

-病気・ケガ